読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure Web サイトで FuelPHP を動かす(改定)

(以前の記事 http://nisenabe.hatenablog.com/entry/2013/06/16/202137

fuelphp を取得.ここでは zip を解凍して使う.

$ curl http://fuelphp.com/files/download/26 -o fuelphp-1.7.1.zip
$ unzip fuelphp-1.7.1.zip

現在のディレクトリ構成

$ ls                                                          
fuelphp-1.7.1  fuelphp-1.7.1.zip

デフォのままで push する準備

$ cd fuelphp-1.7.1
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "initialize fuelphp 1.7.1"

Azure Web サイト見えるようにする設定.

azure コマンドは下記ページから取得した.

Windows Azure SDK とツールのダウンロード | Windows Azure

http://www.windowsazure.com/ja-jp/downloads/

$ azure site deploymentscript --php
$ git add .
$ git commit -m "add azure deployment scripts"

composer とかまだ検証してないのでデフォで何かすべきかは確認してないのでここらへんに何か追加するかも.

ドキュメントルートとかの設定も必要そうだけど fuelphp のルートは azure の設定画面でできるも用.

f:id:nise_nabe:20131202132042p:plain

public ディレクトリの設定は 1.7 ぐらいからデフォで public ディレクトリに入った模様なのでそのままでいいらしい.

added a default web.config for those using PHP with Windows/IIS · 1fb9126 · fuel/fuel

https://github.com/fuel/fuel/commit/1fb9126e2277f4b8e68acb985833a4945d3b34fc

$ git remote add azure 〜
$ git push -u azure master

とりあえず見えた.